ITパスポート

IT知識だけではなく、経営、財務、管理の仕事の基礎も学べる。

ITパスポート取得者の仕事は、IT技術職から事務職や営業職まで多岐に渡ります。学習内容は、システムやデータベースなどのIT技術分野だけではなく、法律や経営戦略といったIT以外の知識や、プロジェクトをマネジメントするための知識などもあり、ITをビジネスに活かすための基礎知識全般を、体系的に学ぶことができます。
様々な業務に役立つITの基礎知識を学べ、国家資格保持者としてもアピールできるため、就・転職時の武器になる資格です。 試験は、経営全般35問程度、IT管理20問程度、IT技術45問程度の計100問が4択問題で出題され、各分野1000点中300点かつ総合評価点1000点中600点以上を合格基準としています。

ITパスポート 資格概要


種 別 国家資格
試験日 随時
出願時期 随時
受験料 試験団体HP参照
受験者数 (平成29年度受験者数)84,235名
合格率 (平成29年度合格率)50.4%
実施団体 独立行政法人 情報処理推進機構
就・転職 全般、IT など


講座案内
●ITパスポート試験対策
インプット講義