行政書士

講座の狙い

本講座は行政書士試験合格を勝ち取るために十分な「質」「ボリューム」を兼ね備えた、89回×2時間におよぶ初学者向け行政書士講座です。この講座内の知識を完全に理解することで、行政書士試験の合格に必要な「論点」をマスターできます。
司法試験、司法書士試験、行政書士試験にトリプル合格している藤井慎哉が提唱する学習法「藤井メソッド(法律系資格の超・効率的学習法)」に則って設計されたカリキュラムで、行政書士試験合格を目指します。
藤井メソッドの根幹は、「常に出題者の側に立って『試験でどのように問われるのか?』を意識して学習すること」です。本講座オリジナルのテキストには、各論点解説ごとに「過去問にチャレンジ!」のコーナーが設けてあり、インプット講義の解説を聴くと同時に、その内容が本試験でどのように問われるのか?をチェックできるようになっています。講義、テキストどちらも、本試験問題を意識しながら学習を進めていくことができる講座です。

行政書士 対策講座

講座詳細
講義回数
2019年試験対策 インプット講義89回(178時間)
担当講師
藤井 慎哉(ふじい・しんや)
司法試験、司法書士試験、行政書士試験、宅地建物取引主任者試験に合格。 同志社大学大学院法学研究科博士課程(前期)(私法学専攻)在学中から大手資格試験予備校で司法書士講座の専任講師を長年務めた経歴を持つ。現在、弁護士。
2011年に、法律系資格の短期合格学習法「藤井メソッド(長年の講師経験と自らが体得した受験テクニックの集大成)」のすべてを注ぎ込んだ、WEBによる本格的受験指導校「藤井行政書士予備校」を設立。その他、ファイナンシャル・プランニング技能士2級等を持ち、実務や法律関連のセミナー講師も精力的にこなしている。
担当科目:民法・憲法・行政法

右田 和暉(みぎた・かずき)
南山大学法学部法律学科卒。在学中に行政書士試験に合格し、同年司法書士試験合格。 大手司法書士法人にて会社法務や商業登記を中心に実務経験を積み、会社法関連の研修及びセミナーの講師を務めた。現在は司法書士・行政書士事務所を開業し、不動産登記・相続関連・会社法務をはじめとする業務を行っている。同年に2つの試験に合格した経験から、試験への合格には正しい視野の広げ方と視点の捉え方が重要だと確信。無味乾燥な法律の学習を初学者でもイメージしやすい解説を心がける。
担当科目:会社法商法・基礎法学

山澤 雅之(やまざわ・まさゆき)
法律・政治経済・時事に精通し、大手資格予備校や有名大学内において、複数の資格試験のメイン講師を務める。豊富な知識と講義経験に基づく「分かりやすい講義」、あくまで受験生目線に立った「懇切丁寧な講義」に定評がある。
担当科目:一般知識

開講日・スケジュール
スケジュール詳細は下記参照。
>> 受講の仕方
>> 無料ガイダンス・体験講義
使用テキスト

◯行政書士対策

2019年試験対策オリジナル基本テキスト(12冊)
全11冊2300ページ 合計20,500円(税別)
>> テキスト見本
>> テキストの購入

WEB講座 開講スケジュール

行政書士講座のインプット講義及びアウトプット講義<2019年試験対策>のWEB公開、テキストの発送スケジュールは以下の通りです。
※行政書士講座の講義動画は、公開日~試験年度11月末日までの期間、いつでもご受講いただけます。(本試験が毎年11月に実施されるため、それに合わせて講義動画の年度改訂をおこないます)


科目 範囲・回数 講義配信開始日 テキスト発送日
民法 入門 2019年
2月1日(金)
2019年
1月28日(月)
民法Ⅰ 1回-6回
民法Ⅱ 7回-13回 3月1日(金) 2月25日(月)
民法Ⅲ 14回-23回 4月1日(月) 3月25日(月)
民法Ⅳ 24回-26回 5月1日(水) 4月25日(木)
憲法 1回-11回 6月1日(土) 5月27日(月)
行政法 入門 7月1日(月) 6月25日(火)
行政法Ⅰ 1回-9回
行政法Ⅱ 10回-19回 8月1日(木) 7月25日(木)
行政法Ⅲ 20回-25回 9月1日(月) 8月26日(月)
商法会社法 1回-9回 6月1日(土) 5月27日(月)
基礎法学 1回
一般知識 政治経済 1回-8回 7月1日(月) 6月25日(火)
情報通信 9回-13回 8月1日(木)
文章理解 14回-15回 9月1日(月)