司法書士

法律のスペシャリストとして活躍でき、独立も十分可能です。

司法書士の仕事は、不動産や会社の登記業務、裁判業務、供託、成年後見業務などが代表的です。また、街の法律家として、身近で起こる問題を法律に沿って解決するアドバイスやサポートも行います。資格取得後は、司法書士事務所や法律事務所に勤める道や、独立開業、一般企業への就職など、資格のステータスが高く、進路選択の幅も広くなっています。
国家資格の中でも難易度は高くなりますが、それだけに転職や地位・収入アップに役立つ資格なので、社会人になってから挑戦する人も多く、法律系資格の中でも人気ある資格です。試験は7月に筆記試験(択一式・記述式)があり、10月に筆記試験合格者のみ、口述試験が実施されます。

司法書士 資格概要


種 別 国家資格
試験日 7月(筆記試験)・10月(口述試験)
出願時期 5月
受験料 8,000円
受験者数 (令和2年度受験者数)11,494名
合格率 (令和2年度合格率)5.1%
実施団体 法務省
就・転職 全般(法務部)、不動産、建設、金融、法律事務所など


講座案内
●司法書士対策
インプット講義